毛皮絨毯の買取のコツ

毛皮は人気が落ちてきています。下がる一方でなら、早めに売らないともっともっと下がるでしょう。フェイクファー、ラグマットは更に価値が下がります。買取に出す時に、汚してしまって毛の抜けているものは、ひどく安く買い取られてしまいます。

絨毯では、本毛皮が高く売れます。もともとフェイクファーは合成繊維などで人工的なものです。毛皮買取会社よりも日用品をリサイクルできる会社を探すしかありません。

・虎
・うさぎ
・クマ
・ヒョウ
・ゼブラなど

絨毯では買取価格が1,000円から10,000円ぐらいになります。これが有名ブランドになると1万円を超えてきます。しかし、購入時に数万円した毛皮でも、安く買い取られることも多くなっています。

使用済みの絨毯は汚れがあるものです。毛皮はお手入れをしないでいると、商品価値が下がります。洗浄したり、色あせを防ぐようなお手入れをしないと買取に出す時に安くなってしまいます。これはコートやマフラーなど、他の毛皮製品でも同じです。ミンクかセーブルかではなく、毛皮は品質が良いものが高くれます。

査定の前は洗浄やクリーニングに出すほうがいいという話もあります。自分で手洗いするよりは、クリーニング業者に依頼してきれいにしておくといいでしょう。

カーペットやマットでも、日にあたって色あせが増えると買取価格が下がります。使い続けていると、査定額も下がってしまうのです。買取に出そうか迷っているなら、早めに売るのがおすすめです。使い続ければ、商品価値が下がり続けて0円になりかねません。毛皮製品でも、抜け毛が多くなり、汚れのひどいものは買い取りできなくなってしまうからです。

未使用の毛皮>使用済みの毛皮>低品質な毛皮

基本的に未使用が一番高く売れます。買取相場は、使用済み絨毯だと50%以下。品質の悪いものだと30%、20%と下がってしまいます。

買取会社は、なんでも処分できる所がおすすめです。高級ブランドではなくても、換金ができるからです。ノーブランドで、動物の種類や名称のわからないものでも売れるからです。