鑑定額下がる?毛皮は値打ちが変化

古いものは人気で大きく変わる!
10年以上昔だと今とは流行が違います。

20年前だとバブル時代。
ヒョウ柄、虎柄などが流行りました。

ブームが過ぎ去ると、一気に値崩れ。
10万円の価値が、下がって1万円例もあります。

しかし毛皮はもともと貴重な生の動物の毛。

条約で保護されるようになってからは、
生産量も減ってきました。
貴重な動物の本毛皮となると、
20年以上昔でも価値が高い。

これは「希少価値があるから」。

鑑定額でも不人気になると、
「精一杯頑張りました」
と言った金額が安いのです。

毛皮が鑑定してみると、
購入時よりも半額以下もあります。

これは汚れや品質の低下が原因。
本毛皮は使い古すと価値が下がるのです。

お手入れと保管を大事にしていた人は、
鑑定額が下がりにくくなっています。

反対に、使い終わって保管状態が悪いと、
評価額が下がってしまう!

クローゼットにしまったままで、
一度も着ていないコート類。
これも虫食いや色あせ、匂い移りなどで、
買取価格が下がる例もあります。

毛皮とは品質が変わりやすいものです。
品質は鑑定額そのもの。
価値を下げてしまうと、
とりかえしがつかなくなります。

ミンクのコート。
メンズ用カシミヤコート。
10万円以上したものが、
今鑑定してみると安くなっている。

事実、量産品では安くなっています。
養殖される動物では、
安く毛皮衣類が替えますが、
買取価格も高くはなりにくくなります。

鑑定額は時価。
購入時の未使用状態が、
最も高いことがわかります。

鑑定する時に、
1年、5年経っていると、
古さや傷汚れなどで減額になります。

値打ちが下がると、
どこの買取会社でも、
低評価になるでしょう。

高く売りたいなら、
毛皮の価値が落ちる前に売ること。

クローゼットや押入れに
しまったままにしておくと、
知らない間に価値を下げてしまいます。

毛皮小物類やマフラーなども、
捨ててしまうよりは売却すると、
お得です。

古着屋と毛皮専門店では、
査定額が違うか?
いくらかは持ち込んでみればわかります。

買い取りでは査定は無料。
断りづらいと思いますが、
電話相談やメール相談などを
して見る方法もあります。

外国の毛皮製品でも、
売れるもの、売れないものを
調べておくと良いでしょう。

ロシアンセーブルのような、
最高級毛皮は安く売ってはいけない。

これは特に貴重で、
鑑定額でも分かれやすい製品です。

A店、B店。同じ店でも、
査定士が違えば査定額は変わります。
人が見て判定するからです。

機械的な処理をしないので、
買取価格は変わります。

毛皮はフェイクファーは見抜かれますが、
本毛皮の偽物では評価も分かれます。
偽物毛皮で売れるかは応相談。

実際にいくらになるかは聞いてみましょう。