海外と日本の毛皮事情

外国の毛皮事情

海外と日本の毛皮事情

多くの国でリアルファーのための動物の繁殖が制限されるようになっています。特に、犬猫のファーの輸入の禁止は当然のこととして進んでいます。
Vegan Fashion

動物の種類によっては、輸入の禁止、養殖の禁止、売買の禁止などがあります。国の法令で定められたもので、海外ではその国の決まりがあります。

もともと日本での毛皮生産といえば、タヌキなどがありました。外国では人気のミンクからフォックスやセーブルなどがあります。ほとんどが海外の生産品で、日本へは輸入してきます。

海外でも規制や制限はあります。しかし動物愛護団体の反対があっても、毛皮の生産と売買は止まりません。もともと規制がない国も多いことがわかります。

アメリカでの犬や猫の毛皮は禁止。ヨーロッパでも一部制限を付けています。それでもミンクやフォックスという人気の種類は規制対象外。

日本の毛皮事情

オオカミの剥製、クマの毛皮、タヌキ・・・。日本の原産の毛皮製品もあります。オオカミは絶滅し、クマも減っています。タヌキ系の毛皮は人気じたいは少ないため、人気のものは海外輸入品です。

日本では税関で止められるケースもあります。ミンクやフォックス系などは税関で止められないものです。ワシントン条約で定められて禁止されているもの。これは日本に持ち込むことはできないのです。

人気はやはりミンク。規制対象ではないので、日本でも着たり輸入することはできます。ネットショップやオークション、販売店から購入してきて自由に着られるものです。

日本では税関が厳しいという話もありますが、毛皮品では一部の規制のみ。トラやヒョウ、オオカミ系などが規制対象になります。

人気と価値

日本ではチンチラやラクーンのことは知らない。そのかわりにミンクは毛皮の一番人気。手触りからデザイン性、においなども少ないので女性に支持されています。

毛皮製品には独特の特徴があります。毛並み、色艶、肌触り、保管など。色合いなどへ染色すれば変えられるので。自分風にアレンジすることもできます。

もともとの動物の毛並み。これが見事なものほど高価といいます。養殖品の毛皮は安くて、特に高級という品質はないものです。安いなりの品質。

海外品と日本製

毛皮に限っては国産品というのがほとんど少ない状態です。もともと生産してないか、ミンクの生産養殖が禁止されたためです。

消費者にとっては、産地よりは他の要素で決めています。毛皮はファッションアイテム。流行のデザインなどが人気。海外品でもブランドもので、良いものが買われやすい。

国産というこだわりは、少数派でもあります。アメリカ産か、南米や欧州産か?それよりは価格やデザインなどで決まってます。ファッションアイテムはファッション性で、本人が気に入るかしだい。

防寒具という意味もあり、毛皮のもつ暖かさや肌触りが好きだという人もいます。その意味では、購入者のニーズしたいという商品です。フェイクファーでもいいという人。本毛皮の質感や手触りが好きな人などがいます。