リアルファー反対理由と動物愛護団体に考える

反対理由とは

リアルファーの反対理由

毛皮はなぜ批判されるのか。

・必要のない動物虐待
・商売道具として利用している
・道徳倫理に反する
・動物そのものへの愛情

リアルファーはそもそも、ファッションのためで虐待になるという意見です。人の生活の中でまったく必要のない行為です。しかもペットとしても飼われることもある、イタチやラビットなども含まれています。

無益な殺傷。古い道徳の中では禁じられた行為でした。毛皮という見た目。これを見てどう感じるか。残虐な行為なのか、かわいいファッションアイテムなのか。

反対する人に、反論する人もいます。「なぜリアルファーを着ていけない?」ウザイなどと、過保護な動物への愛情に疑問を持つ人もいます。

動物愛護団体とはなにか

そもそも動物愛護団体とは、大小さまざまな種類があります。小さいものから、大きな団体になると発言力も持っています。毛皮のみならず、犬や猫などの虐待や焼却での処分など反対。

動物の毛皮を着ているということに、激しい反発があります。犬や猫は愛玩動物でもあり、人間にとっても馴染みの深い伴侶動物でもあります。

動物愛護団体というと、大規模なデモ行動や抗議行動などをしています。リアルファーが標的で、もちろんフェイクファーや化学繊維は対象外。着ている人から、生産者、ハンターなどに反対をしています。

NPO団体から個人的に反対している人。日本では野良猫、野良犬などの焼却処分への抗議が多くなります。毛皮を着ていることへの抗議は目立ったものではありません。

かわいそうという意見

リアルファーかわいそう

毛皮製品は、生皮であり残酷でもあります。種類によっては顔までついているものもあります。オオカミ、トラ、タヌキなどです。生きたままに近いほど、高価です。剥製などはまるごと生きたままに近くて、「残酷すぎて反対」という人もいます。

特定の団体に所属していなくても「かわいそう、残酷、ひどい」という意見が聞かれます。ミンクのコートや毛皮のマフラーなどは原型をとどめていないため、かわいそうな印象はありません。

絨毯や剥製のようなものは、生きているようなもので良心の呵責に悩まされることもあります。リアルファーというと、私達が動物を摂取していることを覆い隠しているようでもあります。

必要もないのに、殺している。それは生きるための必要悪ではなく、遊戯や快楽や自己満足のため。動物愛護団体によっても、反対理由はそれぞれです。

感情的な意見。宗教や道徳的な意見。特定の動物だけを愛している人などそれぞれです。日本各地にもNPOを含めて、動物の虐待から殺傷や毛皮を着るような行動にまで反対します。

動物保護と毛皮衣類

毛皮のコートやマフラー。これは動物にとっては虐待以外の何物でもありません。しかし、動物に対して哀れみの心を持つものか。日々口にする食べ物を見てどのように感じるでしょうか。

リアルファーとは感情的な問題でもあります。保守的な人たちから特に反対されるものです。考え方の違い。価値観。そこに本毛皮というステータスはないのです。

フェイクファーという品物もあるのに、動物を捕獲したり養殖して毛皮製品を作る。人々は感情的に受けいられなくなると、拒絶するものです。

例えばゲテモノを食べるというと、多くの人が反対します。魚の目玉が嫌い。もともと動物の形をしていると食べない。菜食主義で、肉食を嫌う人もいるくらいです。