鑑定額下がる?毛皮は値打ちが変化

古いものは人気で大きく変わる!
10年以上昔だと今とは流行が違います。

20年前だとバブル時代。
ヒョウ柄、虎柄などが流行りました。

ブームが過ぎ去ると、一気に値崩れ。
10万円の価値が、下がって1万円例もあります。

毛皮ブーム

しかし毛皮はもともと貴重な生の動物の毛。

条約で保護されるようになってからは、
生産量も減ってきました。
貴重な動物の本毛皮となると、
20年以上昔でも価値が高い。

これは「希少価値があるから」。

鑑定額でも不人気になると、
「精一杯頑張りました」
と言った金額が安いのです。

毛皮が鑑定してみると、
購入時よりも半額以下もあります。

これは汚れや品質の低下が原因。
本毛皮は使い古すと価値が下がるのです。

お手入れと保管を大事にしていた人は、
鑑定額が下がりにくくなっています。

反対に、使い終わって保管状態が悪いと、
評価額が下がってしまう!

クローゼットにしまったままで、
一度も着ていないコート類。
これも虫食いや色あせ、匂い移りなどで、
買取価格が下がる例もあります。

毛皮とは品質が変わりやすいものです。
品質は鑑定額そのもの。
価値を下げてしまうと、
とりかえしがつかなくなります。

ミンクのコート。
メンズ用カシミヤコート。
10万円以上したものが、
今鑑定してみると安くなっている。

事実、量産品では安くなっています。
養殖される動物では、
安く毛皮衣類が替えますが、
買取価格も高くはなりにくくなります。

鑑定額は時価。
購入時の未使用状態が、
最も高いことがわかります。

鑑定する時に、
1年、5年経っていると、
古さや傷汚れなどで減額になります。

値打ちが下がると、
どこの買取会社でも、
低評価になるでしょう。

高く売りたいなら、
毛皮の価値が落ちる前に売ること。

クローゼットや押入れに
しまったままにしておくと、
知らない間に価値を下げてしまいます。

毛皮小物類やマフラーなども、
捨ててしまうよりは売却すると、
お得です。

古着屋と毛皮専門店では、
査定額が違うか?
いくらかは持ち込んでみればわかります。

買い取りでは査定は無料。
断りづらいと思いますが、
電話相談やメール相談などを
して見る方法もあります。

外国の毛皮製品でも、
売れるもの、売れないものを
調べておくと良いでしょう。

ロシアンセーブルのような、
最高級毛皮は安く売ってはいけない。

これは特に貴重で、
鑑定額でも分かれやすい製品です。

A店、B店。同じ店でも、
査定士が違えば査定額は変わります。
人が見て判定するからです。

機械的な処理をしないので、
買取価格は変わります。

毛皮はフェイクファーは見抜かれますが、
本毛皮の偽物では評価も分かれます。
偽物毛皮で売れるかは応相談。

実際にいくらになるかは聞いてみましょう。

売るならいつ?毛皮

10万円したものが1万円

5万円したファーコートがなんと0円。

衣類は使えば使うほど価値が下がっていきます。

日光にあたって変色。
タバコなど匂い。
ほつれや破れ。
毛の品質低下。
裏地やタグのはがれ。

単刀直入に言うと、新品時にすぐに売るのが一番高いのです。

使い古していくほど、買取額は下がり続けます。使っていない、クローゼット・タンスの毛皮ありませんか?これも大事に収納しているからといっても、価値が下がり続けるものです。

防虫剤は100%確実ではありません。特にタンスや押し入れの中は危険地帯。動物の匂いやタバコ臭など品質低下の原因がたくさんあります。

そもそも、一度買ってみたものの、着ていない毛皮があるでしょう。衝動買いして、冬のシーズンに一度着ただけ。お手入れが面倒なので、しまったままにしてある。

タンスの肥やしにしていてももったいないのです。

いつか着ると思ってしまい続けていると、いつのまにか古くなり、着られなくなる例もあります。

査定に出してみたら驚き。
定価の10%以下。
これは早く売りに出していれば
50%以上は期待できたのです。

後悔するのは処分する時。憧れのブランド毛皮が、Tシャツ並の激安価格になるのです。

  • 着古している人
  • お手入れしていない人
  • しまったままにしてある人
  • 10年以上昔の毛皮

こんな場合は安くなる危険性が大。

高く売れる人は、それなりの努力をしています。毛皮の高価買取店を探して、近くのお店には見向きもしない。毛皮の商品価値を知っている。

やはり高額査定は新品に近いほどよいのです。

1年後、5年後、10年後は安くなっても当然。

衣類になると、特に人気の移り変わりが激しいため、トレンド次第でも価値が変わります。

あなたなら、時代遅れのファッションにしたいですか?

昔のダサいアパレルでは、誰も着たいと思わなくなってきます。

誰もほしくないもの=買取価格が安い。

自分でも欲しいものは高くなります。欲しくないものは買取額も低くなるものです。

このように、毛皮と言っても元の価値から大きく変わることがわかるでしょう。

5万円で売るか、千円で売るかはあなたしだい。とりあえず今いくらの値段がつくのかは聞いてみるといいでしょう。毛皮は生き物でもあるため、時間がたつと変わります。

毛皮は査定でどこをみるか

毛皮はリアルファーとフェイクファーがあります。種類が違えば、鑑定ポイントも変わってきます。そもそも、偽物のフェイクファーでは毛皮専門店では買取しない例もあります。

◆リアルファー
毛皮の毛並み、色、ツヤ、保管状態などをみます。動物の種類でも買取相場がある程度決まってくるため、本物のミンク・チンチラかなどチェックします。サガやコペンハーゲンファーのような高級毛皮でも、本物か割合は100%なのか判断します。混合品などもあるため、毛をみるのです。タグや保証書なども参考にしますが、タグだけでは完全な信用はできません。毛皮専門査定では動物の毛で判断をします。保管状態やお手入れ具合、汚れや抜け毛など総合的に判断して価格を付けます。高級ブランドの発売なら人気もあるためプラスになりやすく、ノーブランドの発売なら相場は低い傾向です。ブランドの人気があるほど価格も高くなるのです。

◆フェイクファー
かんたんなチェックで終わります。一枚数分以内で、タグや全体の使用感などで査定します。フェイクファーは元々安いもののため、査定でも1万円以上は出にくいものです。古着屋や買取会社でも高くなりにくいでしょう。

毛皮製品はロングコートかショートコートかでも査定額が変わってきます。昔のロングコートは人気も落ちてきて、品質も落ちやすくなります。着用していなくても、経年劣化で品質が下がるのです。10年以上前のものでは、色あせや変色など新品状態からの変わったポイントをみます。

高級毛皮なら、細部までチェックして価格を付けます。普通の1万円前後の毛皮ではかんたんな査定で終わります。使用感があり、古さが合っても大きくは値段が下がりにくいでしょう。使用状態で査定額が大きく変わるのは、最高級の毛皮やブランドです。

査定額を下げたくないなら、クリーニングは重要。自分で手洗いや洗濯機使用するよりは、プロのクリーニングを受けましょう。駅前などにあるクリーニング店よりは専門店が確実。高級毛皮なら、管理方法次第でその後の価値も変わってくるのです。買取に出す時に損をしてしまうことは絶対に避けないといけません。

古着屋の毛皮買取との比較

◆古着屋の特徴

  • 衣類全般買取可
  • リアルファー、フェイクファーOK
  • ブランド、ノーブランド可
  • 毛皮混合製品買取可
  • 比較的安い

古着屋は庶民的な衣類を取り扱っています。お店は日本全国、大小さまざま。どの古着屋でも言えることですが、安売りのセール品が特徴なのです。高級ブランドよりはノーブランド。高級な毛皮製品は少ないのです。

安売りが特徴のお店は高い値段では売りません。古着を買う人にとっては安く買えてありがたいのですが、買取をしたい人にとっては安く買取られることにもなります。毛皮のコートやマフラーは高いものだと10万円以上。これを売る時に1万円以下では大きな損をしていると言えます。

高額査定が特徴の買取店では、定価の50%前後もあります。これは衣類や毛皮製品では高い査定額なのです。安い古着屋では、販売価格の10%~30%。売れるだけよいという値段でもあります。実は他の店でならもっと高く売れるのです。

安く売るところは理由があります。セールで販売価格を安くすることで売上を増やしていきます。古着も専門店ではないため、毛皮を買取強化していません。得意な店なら、ブランド毛皮をもっと高く買い取れます。古着全般を扱うと、毛皮を買いたい人だけがお店に来るわけでもないため、売りづらくもなります。

ファーコートでも、ミンクやブラックグラマなど最高級の毛皮製品は高く売れます。こういったブランドで最高級の毛皮は相場を知っておくのも大事。安い値段で売ってしまうのは、お店にとってはうれしいことですが価値を知らないままでは損をします。

高級店では販売価格も高いものです。古着屋は庶民が行くところで、1万円以下のリーズナブルな衣類がほとんどです。もともと安いところで売ると、買取価格も安いものです。実際に査定額を比較してみれば、他店が高いことがわかります。ノーブランドで痛みが激しいような毛皮では差がつきにくいでしょう。シャネルやフェンディのような高級本毛皮だと大きな違いがでてくるのです。リサイクルショップや質屋、骨董店などでも同じです。なんでも買い取りする代わりに安い。これが毛皮の買取の実情です

ミンクの買取について

ミンクは毛皮の中でも最高級品。

  • ブラックグラマ
  • サガミンク
  • エンバ

毛皮は中国産やアジア製品よりは北米、ロシアなどの確かな生産地が高いのです。偽物が多いところでは価値も下がります。本毛皮であることが大前提。偽物のフェイクファーでは、毛皮ではなく普通の洋服になってしまいます。ただ、フェイクファーでもブランド品なら売れます。もちろん毛皮価値はゼロ。

ミンクでも混合製品で50%以下のものもあります。これは買取価格でも価値が下がるもので、そもそも正規ブランド品か偽ブランドかで大きく違いが出ます。フェンディやシャネル、ルイヴィトンでも偽ブランドが出回っています。これは近年では違法で、逮捕される例もあります。ヤフオクやメルカリに出品すると検挙される人もでました。

質屋や買取会社でも偽ブランドの取締は強化されてきました。ミンクの有名な販売者(フェンディ、ルネなど)、生産者(サガ、コペンハーゲンファー、アメリカンレジェンド)などから訴えられるのです。売却予定なら、本物か偽物かを知っておかないと犯罪とされる可能性もでてきました。

真贋鑑定は買取会社でもできます。自分で確認するなら、生地の縫い目やタグなどをみます。間違ってオークションに出品してしまわないようにしましょう。ミンクの毛皮は人気商品で、20万円以上の例もあります。ただ、本毛皮で本物のブランド品ではなかったら買取価格は大幅に下がります。

ヤフオクやフリマ、デパートなどで買ってきたミンクのコート。これは買取に出すなら、注意点もいくつかあります。

①高く売るなら時期に注意
市場の価格や相場が大事。不人気な毛皮、オフシーズンで需要のないものは安く買取られます。昔のデザイン、流行遅れのファッションは平均してやすくなります。

②ミンクの相場を知っておく
レディース用ロングコートは1万円から5万円。種類やブランドなどでだいたいの価格はわかります。ただ、汚れたり変色したりと価値が下がると、この相場よりも安くなってしまいます。価値を保つには普段のケアが大切。

③ミンク買取得意な会社選び
毛皮や衣類はリサイクルショップなどでも買取はできます。ただ、高く売るならもっと毛皮に詳しく、高く買い取れる所がよいでしょう。古いもの、マフラーなど毛皮小物類でも買取できます。得意な会社であれば他の所よりも千円、二千円と高くなります。

毛皮ブランドと査定額

毛皮ブランドと査定額

◆シャネル
シャネルフェイクファー
買取例 58,000円

◆フェンディ
フェンディレディースコート
買取例 73,000円

◆フォクシー
フォクシーショートコート
買取例 35,000円

◆エンバ
エンバコート
買取例 51,000円

ブランドの毛皮でも安く買い取られることもあります。使用済みのものだと、お手入れや保管状態が大事。すでに毛皮がよれて汚れがひどくなってしまったら、クリーニングや修理がおすすめです。ただ費用もかかりますから、自分でクリーニングしたり安い所を見つけるといいでしょう。

高級ブランドでは高く売れる所を探すのも一番。同じブランドの毛皮でも数千円以上違いが出ます。近くの店で比較するよりも、インターネットで探しせばかんたん。高額査定が特徴のスピード買取.jpや買取プレミアムのような所を探します。毛皮が専門で、高く買い取れる仕組みを持っています。

ブランドはもっと高く売れます。相場が平均して5万円だったとしても、販売価格は高いはず。アルマーニなども得意な会社で査定してもらうと金額が驚くほど違うでしょう。買取では裏技もあります。一度に複数社に見積もりを出すのです。メールで写真を送るだけなので、今すぐできてかんたん。

他にも毛皮は早く売るのが一番効果的。クローゼットやタンスにしまっておくと、古くなって買取価格が下がってしまうからです。ブランドが虫食いされたり、匂いうつりするなどで減額されてしまうからです。使わないブランドの毛皮、小物、マフラーなどは早めに売るのが一番効果的なのです。

1年たつと10%以上下がります。お手入れや保存状態がよければマイナスされにくくなりますが、やはり時間がたつと安くなっていくものです。5年、10年経つと半額以下。高級ブランドといっても、大量生産されるのものではプレミアにはならないのです。偽ブランドだったことが発覚すれば買取価格は更に安くなってしまいます。実際に今いくらかは査定してみてわかるでしょう

フェイクファーは査定に出すといい?

フェイクファー査定


毛皮は本物だと価値がでてきます。ただフェイクファーにも商品として価値はあります。普通の古着屋、買取会社などで一度みてもらうといいでしょう。

ブランド品となると、フェイクファーでもリアルファーでも高くなります。これもタグがなくなっていたり、本物か偽物かわからないものでも、査定ではっきりとします。毛皮の専門店では、人工的に作られて合成皮革は買取しません。ただ、一部毛皮の製品(ダウンジャケットなど)や混合品(10%毛皮)などは買取できることもあります。

捨ててしまうよりは1000円でも買取に出すとお得。最近では毛皮の生産量が減ってきているのために、本毛皮の価値も高くなってきています。10%のカシミヤコート。帽子や手袋など一部だけ毛皮が使われているもの。こうしたものでも査定に出してみるといいでしょう。

リアルファーの買取相場
1,000円~30,000円
平均買取価格 9,000円~11,000円

ブランド一例
ユニクロ シャネル アルマーニ バーバリー

フェイクファーでもこのような有名ブランド品になると買取価格も高くはなります。アルマーニのフェイクファーは、比較的安くてお手頃な存在。ジュニア、キッズ用にメンズ用など種類も豊富です。

衣類は高く売れます。スピード買取.jp、買取プレミアム、福ちゃんのような買取会社がおすすめです。日本全国対応していて、査定額でもトップクラス。高級なブランド、ノーブランド品のフェイクファーでも買取します。

古着とは少し違うのが毛皮。普通の古着屋よりは毛皮を扱う会社にするといいでしょう。毛皮の種類から、お手入れの仕方、クリーニング方法など詳しいところです。得意分野、専門分野に強いことが、高額査定にもなるのです。

ウールの毛皮の買取について

ウールとは羊毛類のことですが、実際にはいろいろな衣類に使われています。

◆カシミア
羊毛や合成繊維などと合わせて作られている。カシミアの比率は50%以下、10%のものもある。買取では混入しているものより、カシミア100%が高くなる。

ウールはセーターやマフラー、カーディガンなどに使用されています。着物や衣類全般にあり、安くて買取できないものと思われがちです。これは高級なブランド品ではなくても売れます。元の販売価格が安くて数千円のものでも使いみちはあるのです。そのまま古着にできますし、裁断したり加工することで利用価値も出ます。

ウールの毛皮は買取に出すなら、複数の会社に見積を出してもいいでしょう。安物と思っていても、比較してみると100円、500円と違いが出てきます。

特に高く売るなら、時期も大事。冬のシーズン前は特に高く売れるので、その時期に査定に出すのもいいでしょう。買取会社が欲しいものは高く売れます。これはブランド品でも、バッグや時計でも同じです。人気があるもの、珍しくて貴重なものはどこの会社でも欲しがります。高級なウール製品をお持ちなら、特に会社選びをしてみることをおすすめします。スピード買取.jpなど高額査定の専門店は一度は査定したほうがいいでしょう。

近くにお店がないとしても、宅配買取や出張買取ができます。今ではインターネットから相談して、価格を聞くこともできます。デパートや百貨店のノーブランド品がいくらになるか、まずは無料査定。ウールとカシミヤなどの混合製品、ブランド衣類などは予想より高いこともあります。

長く使い続けていると、商品の価値は下がるものです。ウールは珍しいものでもないために、中古の相場は高くはありません。経年劣化で価値が下がるため、いらなくなったものは早めに買取に出すのが、高価買取のテクニックなのです。

バッファロー毛皮買取まとめ

バッファロー毛皮は絨毯などに使用されています。カウラグやラグマットなどがありますが、100%の本毛皮か混入毛皮かで買取価格も変わってきます。フェイクファーや羊毛などとの混入素材では価値が下がってしまうからです。

毛皮製品では規制もかかりました。価格は本毛皮が高いのです。査定額でも同じように、100%のバッファロー毛皮が高くなります。絨毯
は汚れも出やすいため、お手入れをしているかしていないかでも買取価格が変わります。

バッファローの種類でも価値は変わります。原産地や品質表示タグが外れてしまうと、価値も下がってしまいます。査定前はクリーニングに出すといいでしょう。

毛皮製品は普通の買取会社では売れないこともあります。スピード買取.jpや買取プレミアムのような会社で、換金ができます。毛皮の販売店では買取はしないことが普通。換金したければ、買取会社を探すしかありません。

・フェイクファー
⇒買取拒否

・50%の毛皮
⇒買取可能

絨毯やマフラー、毛皮小物など、一部しか使われていないものでも査定に出してみましょう。値段がいくらになるかを知っておくと、時間が経つことで安くなることがわかってきます。

毛皮製品は経年劣化で価値が下がりやすいものです。直射日光、カビ、匂いの移りなどで買取価格は下がってしまいます。絨毯では汚れが出やすいため、古いものでは価値が変わりやすくなります。昔高かったものでも今がいくらになるかを知っておくといいでしょう。

バッファローは希少価値があります。買取では珍しいもの、希少価値があるものが高く売れます。数十年前の物、ノーブランドでタグもなくなっているものでも、査定に出してみることをおすすめします。獣毛は他の動物種類よりも高い例もあります。最近では生産量が減ってきたために、中古品でも価値が上がってきています。

動物の種類、年代。価値がびっくりするほど変わるので査定してみましょう。

毛皮絨毯の買取のコツ

毛皮は人気が落ちてきています。下がる一方でなら、早めに売らないともっともっと下がるでしょう。フェイクファー、ラグマットは更に価値が下がります。買取に出す時に、汚してしまって毛の抜けているものは、ひどく安く買い取られてしまいます。

絨毯では、本毛皮が高く売れます。もともとフェイクファーは合成繊維などで人工的なものです。毛皮買取会社よりも日用品をリサイクルできる会社を探すしかありません。

カーペットはシミや汚れがつくと、買取価格が大幅に下がります。値打ちを下げてしまうとクリーニング代が高くなるのです。でも、リサイクルとしては価値が残るので、安くても値段がつくため、どこか処分先を探しましょう。

・虎
・うさぎ
・クマ
・ヒョウ
・ゼブラなど

絨毯では買取価格が1,000円から10,000円ぐらいになります。これが有名ブランドになると1万円を超えてきます。しかし、購入時に数万円した毛皮でも、安く買い取られることも多くなっています。

使用済みの絨毯は汚れがあるものです。毛皮はお手入れをしないでいると、商品価値が下がります。洗浄したり、色あせを防ぐようなお手入れをしないと買取に出す時に安くなってしまいます。これはコートやマフラーなど、他の毛皮製品でも同じです。ミンクかセーブルかではなく、毛皮は品質が良いものが高くれます。

査定の前は洗浄やクリーニングに出すほうがいいという話もあります。自分で手洗いするよりは、クリーニング業者に依頼してきれいにしておくといいでしょう。

カーペットやマットでも、日にあたって色あせが増えると買取価格が下がります。使い続けていると、査定額も下がってしまうのです。買取に出そうか迷っているなら、早めに売るのがおすすめです。使い続ければ、商品価値が下がり続けて0円になりかねません。毛皮製品でも、抜け毛が多くなり、汚れのひどいものは買い取りできなくなってしまうからです。

未使用の毛皮>使用済みの毛皮>低品質な毛皮

基本的に未使用が一番高く売れます。買取相場は、使用済み絨毯だと50%以下。品質の悪いものだと30%、20%と下がってしまいます。

買取会社は、なんでも処分できる所がおすすめです。高級ブランドではなくても、換金ができるからです。ノーブランドで、動物の種類や名称のわからないものでも売れるからです。